最終回デビュー評価【PRODUCE48】ファイナルステージ進出20名パートとセンターは誰

Pocket

8月31日の生放送でデビューできる12名が決まる「PRODUCE48」は、最後のミッションデビュー評価のファイナルステージを残すのみとなりました。

デビュー評価の課題曲は、韓国語曲の「We Together」と、秋元康がプロデュースした日本語楽曲の「好きになっちゃうだろう?」の2曲に決まりました!

今回は「PRODUCE48」最後のミッションデビュー評価のチーム編成と現段階でのパートを紹介いたします。

「PRODUCE48」最終回/デビュー評価曲メンバーとパートの決め方

まず気になるのが、デビュー評価曲「We Together」と「好きになっちゃうだろう?」のメンバーの決め方とパートの決め方だと思いますので、説明させていただきますね。

自分がやりたい曲を選ぶことができますが、選択は順位が低い20位のパク・ヘユンちゃんから選択していき、1位の宮脇咲良ちゃんまで選択していきます。

選択するパートが被ってしまった場合は、相手を他の曲やパートへ押し出すことができます。

なので順位が高い練習生の方が有利と言えますね。

この方法はプデュシーズン2と一緒だったんですが、男の子の方が波乱が無くて綺麗におさまったけど、「PRODUCE48」は結構無謀な押し出しがあってハラハラしましたね💦

あとで紹介しますが、韓国語曲の「We Together」のメインボーカルが日本練習生で、日本語曲の「好きになっちゃうだろう?」のメインボーカルが韓国練習生という、摩訶不思議な選択で少々驚きましたが。

今回のデビュー評価の課題曲にはラップパートが無くて、全てボーカルパートのみになります。

「PRODUCE48」最終回/デビュー評価課題曲「好きになっちゃうだろう?」メンバーとパート

デビュー評価の課題曲「好きになっちゃうだろう?」のメンバー10名とパートをご紹介いたします。

  • クォン・ウンビ(12位)/メインボーカル
  • チェ・イェナ(16位)/サブボーカル1
  • 宮脇咲良(1位)/サブボーカル2
  • イ・カウン(5位)/サブボーカル3
  • 白間美瑠(8位)/サブボーカル4
  • カン・ヘウォン(4位)/サブボーカル5
  • キム・チェウォン(19位)/サブボーカル6
  • 下尾みう(10位)/サブボーカル7
  • 高橋朱里(17位)/サブボーカル8
  • ハン・チョウォン(13位)/サブボーカル9

 

ハン・チョウォンちゃんを押し出してのクォン・ウンビちゃんがメインボーカルを獲得。

クォン・ウンビちゃんが日本語の歌詞を宮脇咲良ちゃんに教えてもらっていたり、チェ・イェナちゃんが高橋朱里ちゃんに日本語の歌詞を教えてもらっていたりと、なんかこれでこそ日韓合同だよな~って思ってほっこりした。

今まで日本練習生は韓国練習生に教えてもらってばかりだったので、今回の放送で少しだけ宮脇咲良ちゃんや高橋朱里ちゃんを見直したというか、きっと番組側の編集などであまりいい印象がなかったのかもしれないなって思った。

日本練習生はテレビやステージでの魅せ方が慣れているし上手いだろうから、そこらへんも韓国の練習生に教えてあげるともっといいステージができると思うな。

「PRODUCE48」最終回/デビュー評価課題曲「We Together」メンバーとパート

デビュー評価の課題曲「We Together」のメンバー10名とパートをご紹介いたします。

  • 竹内美宥(6位)/メインボーカル
  • 本田仁美(11位)/サブボーカル1
  • 宮崎美穂(2位)/サブボーカル2
  • チョ・ユリ(18位)/サブボーカル3
  • チャン・ウォニョン(7位)/サブボーカル4
  • アン・ユジン(14位)/サブボーカル5
  • キム・ミンジュ(15位)/サブボーカル6
  • パク・ヘユン(20位)/サブボーカル7
  • 矢吹奈子(9位)/サブボーカル8
  • イ・チェヨン(3位)/サブボーカル9

 

こちらのメンバーにはメインボーカルのパートの練習生が多く、竹内美宥ちゃんが現段階でセンターになっているけど、高音を地声で出すのが難しく苦戦。

パク・ヘユンちゃん、チョ・ユリちゃん、矢吹奈子ちゃん、宮崎美穂ちゃん、イ・チェヨンちゃんもいちお歌ってみることに。

パク・ヘユンちゃんとチョ・ユリちゃんはある程度高音が出ているようだけどどうなることか?

プデュシーズン2が大好きなんですが、プデュシーズン2の中でも好きなシーンが何個かあって、デビュー評価のメンバー&パート分けのこのシーンもめちゃくちゃ好きなシーンなので紹介しますね。

決め方は「PRODUCE48」と同じルールで、1位のカン・ダニエルが選ぶ時には、メインボーカルのみしか残っていないのね。

カン・ダニエルはいちおメインラップ狙いなんだけど、既にパク・ウジンとイム・ヨンミンが選択していて、この2人は特にラップも上手い。

完成度の高いステージにするためには、ラップポジションの練習生がメインボーカルをするのはほぼ無理ですよね。

そこでカン・ダニエルは少し妥協をし、ステージの完成度を選んでメイン・ボーカルができるハ・ソンウンを押し出してメインボーカルにさせ、ステージの完成度を選んだってことなのね。

最後のステージになるので、完成度を考えてパートを選んだカン・ダニエルは素晴らしかったんだよね。

「PRODUCE48」はステージの完成度より、自分が自分がって気持ちが大きかったことが少し残念だったなって話でした💦

「PRODUCE48」最終回/デビュー評価曲のセンター決め

デビュー評価の課題曲「好きになっちゃうだろう?」と「We Together」のセンターは練習後に決まります。

練習生全員がセンターの権利があり、最終回生放送のファイナルステージで初めて視聴者にわかることになります。

 icon-chevron-circle-right 「PRODUCE48」最終回のネタバレはこちら

センターの決め方は、プデュシーズン2と一緒であれば練習生の投票で決まります。

全練習生がセンターポジションのダンスをビデオに撮り、ビデオを見て同じチームの練習生の投票で一番投票数が多い練習生がセンターに決まります。

センターポジションにも単独でパートがあると思われるので、パートが少ないサブボーカル9のハン・チョウォンちゃんとイ・チェヨンちゃんにもまだチャンスがあります!

「PRODUCE48」最終回/ファイナルステージに進む20名の練習生を紹介

8月31日生放送のファイナルステージに進んだ20名の練習生と、管理人独断と偏見で選んだオススメステージなどの動画を紹介いたします。

1位:宮脇咲良

宮脇咲良ちゃんのオススメのステージは、「ネッコヤ」のステージですよね

「ネッコヤ」の初ステージの宮脇咲良ちゃんは誰よりも輝いていました。

2位:宮崎美穂

宮崎美穂ちゃんのオススメステージは、ポジション評価のチーム内で1位をとった「The Truth Untold」のステージですかね。

3位:イ・チェヨン

イ・チェヨンちゃんのオススメのステージは、どのステージも素晴らしいのですが、ダンスの魅力が一番わかるのはポジション評価の「Sorry Not Sorry」のステージです。

4位:カン・ヘウォン

カン・ヘウォンのオススメのステージは、グループバトル評価の「BOOMBAYAH」2組のステージです。

「PRODUCE48」から感動の伝説ステージが何曲かあるんですが、こちらも伝説のステージの1つです。

誰からも指名されなかった練習生のチームが、一番難しい曲になってしまったけど、まさかのバトルで勝った思い出深いステージ。

5位:イ・カウン

イ・カウンちゃんのオススメのステージは、事務所別パフォーマンスが一番インパクトがあってカッコよかったです。

6位:竹内美宥

竹内美宥ちゃんのオススメのステージは、事務所別パフォーマンスがインパクトが強くて才能もあることがわかったし。

7位:チャン・ウォニョン

チャン・ウォニョンちゃんのオススメステージは、間違いなくグループバトル評価の「Very Very Very」1組のステージ。

こんなにセンターが似合う子いる?って思ったほど可愛くて14歳でこのスタイル💦

8位:白間美瑠

白間美瑠ちゃんのオススメステージは、可愛い系のステージとセクシー系のステージどちらもオススメなんだけど、セクシーダンスの「Side To Side」のギャップの方がオススメかな。

9位:矢吹奈子

矢吹奈子ちゃんのオススメのステージは、間違いなくグループバトル評価の「LOVE WHISPER」2組のこのステージですよね。

高音の綺麗な歌声で一気に話題になりましたもんね。

10位:下尾みう

下尾みうちゃんのオススメのステージは、やっぱりポジション評価の「Touch」のステージです。

個人camから一気に話題になったほどダンスがセクシーで素晴らしかった。

私も下尾みうちゃんのこのダンス大好きで一気にファンになった❤

11位:本田仁美

本田仁美ちゃんのオススメのステージは、コンセプト評価の「Rollin′Rollin′」。

特にフリーで踊っているシーンがめちゃかわなのでオススメ❤

12位:クォン・ウンビ

クォン・ウンビちゃんのオススメのステージは、コンセプト評価の「Rumor」です。

「Rumor」のメンバーはみんなカッコよくてオススメなんだけど、やっぱりウンビちゃんが一番この曲にピッタリだよね。

13位:ハン・チョウォン

ハン・チョウォンちゃんのオススメのステージは、ポジション評価の「Don’t know you」のステージ。

まさかのボーカルポジションでしかも可愛らしい素敵な歌声でビックリしたもん。

見た目がラップポジションっぽいからね。

ボーカルポジションの総合1位獲得。

14位:アン・ユジン

アン・ユジンちゃんのオススメのステージは、コンセプト評価の「I AM」のステージ。

初センターでアン・ユジンちゃんの魅力が発揮されていたと思う。

15位:キム・ミンジュ

キム・ミンジュちゃんのオススメのステージは、コンセプト評価の「1000%」です。

キム・ミンジュちゃんはチームから放出されてしまったけど、「1000%」でセンターを獲得することができましたね。

曲にも合った可愛らしいセンターでした。

16位:チェ・イェナ

チェ・イェナちゃんのオススメのステージは、グループバトル評価の「Very Very Very」1組のステージ。

ここのグループは全体的に可愛くてトータルで全部好きって感じなんだけど、チェ・イェナちゃんもセクシー系も可愛い系もどっちも似合っているんだけど、あえて可愛らしいこちらのステージがオススメ❤

17位:高橋朱里

高橋朱里ちゃんのオススメのステージは、グループバトル評価の「Short Hair」1組です。

初センターで苦労していたけど、カッコいいステージでした。

18位:チョ・ユリ

チョ・ユリちゃんのオススメのステージは、ポジション評価の「Energetic」のステージです。

メインボーカルでカッコイイステージでした。

19位:キム・チェウォン

キム・チェウォンちゃんのオススメのステージは、ポジション評価の「Into The New World」です。

メインボーカルでもなかったのにチーム内で1位をとったのがインパクトありましたね。

普通にかわいくて見てられるっていう。

20位:パク・ヘユン

パク・ヘユンちゃんのオススメのステージは、やっぱりポジション評価の「メリクリ」です。

「PRODUCE48」の伝説のステージの1つです。

「BOOMBAYAH」2組のように下剋上のチームなのに何よりも完成度が高く、何度見ても泣ける感動のステージです。

パク・ヘユンちゃんはセンターを務めて順位も上がりました。

「PRODUCE48」最終回/デビュー評価ファイナルステージまとめ

「PRODUCE48」最終回のデビュー評価曲のメンバーとパート分けなど紹介しました。

デビュー評価のファイナルステージに進んだのは20名ですが、デビューできるのは12名。

最後の投票は1pick。

今回は本当に予想できないほど、誰が1位になっても不思議じゃないほど大波乱と言えます。

投票数がそこまで大差ではないので、もしかすると当日の放送中にも順位の変動があるんじゃないかと思っています。

ファイナルステージで披露されるデビュー評価曲も早く聴きたいし、センターが誰になるのかも楽しみですね❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です