ミセン-未生-(2話)感想 プレゼンのパートナー選びと裏紙問題

Pocket

「ミセン-未生-」2話の感想です。

第2話では何をやっても認めてくれないグレに一筋の光が見えてきます。

やっぱりオ課長いい人だよな~。

あんなに怒鳴り散らかしていてもちゃんとグレのことを気にしてくれています。

第1話ではほぼ辛いシーンばかりでしたが、第2話ももちろんまだ辛いシーンばかりなんですが、一筋の光が見えてきたのでグレが少し笑えるシーンも出てくるようになりました♪

 

会社に泊まり込んだグレ

グレはそのまま会社に戻りフォルダの整理をします。
そしてサウナに入りお父さんのスーツに着替えてまた会社に戻ります。

朝エレベーターでヨンイちゃんにバッタリ会い、一緒にエレベーターに乗ることに。

グレは自分でネクタイを結ぶことができないので、スーツのポケットにネクタイを入れていたんだけど、ヨンイちゃんがそれに気づき、ここの会社は服装にも厳しいので結んであげることに。

少し期待をするグレがかわいいんだけど~ヨンイちゃん自身の首に少し緩めて結んでからグレに手渡すので残念だったんだよね。

営業第3課ではオ課長とキム代理がグレが整理したフォルダを見て関心しているようです。

フォルダ整理のダメ出しをしてあげれば良かったのにと言うキム代理に、オ課長はどうせいなくなる人間だと素っ気ない態度。

キム課長がグレに、オ課長のフォルダは無視か?と聞きます。

完全に分けられなかったのでその部分は整理できなかったようですね。

会社のマニュアルだし共同作業なので分類がダメだったらしいです。

グレが今までフォルダ分けしていたのは、囲碁のことなので1人作業だったんですよね。

会社の仕事では共同作業なのでそこがいけなかったみたい。

隣の課でインターンがアポを取っていなかったようでコ課長に叱られています。

グレのコネは専務?

コ課長は怒って部屋から出て行くんですが、オ課長と一緒になり、グレが誰のコネなのか課長から聞いて「専務」だと知ります。

オ課長は専務のことをよく思っていないので、なおグレは気に食わないかもしれませんね。

グレがシュレッターをかけていると、インターンのサンヒョンやベッキが入ってきました。

グレのことをベイカのニオイがするとか、ホント好きになれないわ~サンヒョン。

どうやらインターンのプレゼンがあるようで、明日までにパートナーを探さなきゃいけないようです。

ベッキもいい人なのかそうじゃないのかよくわからないんですよね~。

グレを応援したり、時にはけなしたような言葉を使ったりと。

グレはベッキに会社に残るにはどうすればいいのか聞くんだけど、他にも会社があるからって参考にならんでしょって感じ・・・。

 

オ課長は専務の嫌がらせや監視のためにグレを営業第3課に入れたんじゃないかと疑っています。

キム代理がグレに仕事を頼んだことをオ課長は勝手にするなと怒ります。

かなりオ課長のグレへの風当たりが強くなってきちゃいました。

キム代理はオ課長に何かあったのか尋ねます。

そうですよね~急に怒り出すのが変だったもんな~やっぱりグレのコネが専務ってのが気に食わないんだよね。

 

グレは1人屋上で昼食を。

大声で「教える気もないくせに、何が共同作業なんですか~?」と叫んでいると、下にオ課長とキム代理がいて声に気づいたようなので隠れるグレ。

屋上から一番下で声が聞こえるかはかなり微妙ですがね・・・笑。

プレゼンのパートナー探し

ヨンイがサンプルの生地を持っているところに現れるベッキ。

ベッキが運ぶと言うんですが、なぜ?と聞くヨンイ。

ヨンイって仕事人間なので女性だからとかってあんまり思っていないタイプなんですよね。

結局ヨンイが自分で持つことに・・・。

ベッキがヨンイにプレゼンのパートナーは見つかったのかと聞きます。

まだ決まっていないヨンイ。

サンプルの生地はオ課長の頼まれごとだったんですね。

ヨンイはベッキをパートナーにと思っていたんですね~。
でも先に振られちゃったと思っているようです。

オ課長にいいパートナーを選べと言われて、誰でも構わないと言うヨンイ。
それを聞いていたグレ。

グレはヨンイに足を引っ張らないので一緒にやろうと言います。

ヨンイは何のことを言っているのかわかっていないみたい。

どんだけグレは圏外なんでしょうね~。

で、前にヨンイのゴムを拾ったことを思い出してヨンイにゴムを返します。

 

グレへの態度が突然変わるインターンのみんな。

どうやらプレゼンのパートナーをグレと一緒に組みたいみたいです。

突然のソンムル(プレゼント)攻撃でビックリするグレ。

 

気づいたらヨンイのところには誰もパートナーのお誘いがきていません。

そこに来たのがあのサンヒョン。

しかも自信満々で、ヨンイはデキがいいのでパートナーを組んでもヨンイだけが目立ってしまうので誰もお誘いしなかったんですね~。

でもサンヒョンがパートナーってのは嫌だよね~。

ヨンイはグレをお茶に誘います。

ヨンイはグレにパートナーにならないかと誘います。

やっぱりグレのアタックは理解されていなかったんだね~。

なんで答え聞く前にみんないなくなっちゃうんでしょうね~。

返事は後でってことなのかしら?

今日はとにかく大人気なグレ。

キム代理に呼ばれて話をすることに。

今日グレに親切なのは便利な存在だからとキム代理は言います。

自信も知識もスキルも足りないから、爆弾的存在の人と組んで爆弾の犠牲者となれば恰好がつくってことなんだってさ。

それに爆弾は引き立て役にもなるもんね。

だから近づいてくる人には気をつけろって話だったんです。

 

オ課長に共同作業がわからないので教えてくださいとグレはいいます。

資格がいるとオ課長は答えます。

コネ入社のグレにはわからない、汗や涙そして挫折があるのでグレには資格がないってことらしいです。

 

隣の課ではまたキム・ソッコがコ課長に叱られています。

今度は居眠りをしていましたね。

コ課長にもテキパキ動けと言われています。

キム・ソッコに契約が取れたから契約書の訂正をして届けてほしいと頼まれます。

裏紙問題が

キム代理がグレに領収書を貼って提出を頼みます。

裏紙を使って領収書を貼るグレ。

送り状や起案書などを使っていたので注意するキム代理。

どこで誰が見るかわからないから裏紙も気をつけなきゃいけないんですよね。

裏紙もちゃんと確認するようにとのこと。

会社でも最近トラブルがあって上から下まで専務に呼ばれて叱られたそうです。

うんうん。どこの会社でも同じですね。

領収書の貼り付けも終わり総務に届けに行くグレ。

そこにキム・ソッコが糊を貸してとグレに頼みます。

机の上にあると答えるグレ。

キム・ソッコの部署は備品入れに鍵がついているようで開けられないみたいですね。

グレの机の上で糊付けをするキム・ソッコ。

なんかいや~な予感しかしません。

だってグレの机の上に裏紙も置いてあるんだもの。

案の定その裏紙の上で糊をつけるキム・ソッコ。

なんとこんなにダメダメが重なるとある意味奇跡だわ・・・見てられない。

糊を付けた裏紙の上で貼るってどう考えても後ろに糊が付いちゃうとかわからないかしらね~。

急いでいるキム・ソッコも確認しないところが悪いんだけど、そのまま裏紙も一緒に持っていっちゃったような気がする~。

やっと確認した時にいらない紙が書類に付いていたからってゴミですって受付に預けちゃうのもな~。

しかもその紙が床に落ちちゃって悪いことに専務が拾っちゃうって・・・。

どんだけ出来過ぎなストーリーなんだよってツッコミたくなっちゃうぐらいですよ。

もちろん営業第3課に来る専務。

あ~あ~見てられない。

営業第3課の起案書をオ課長に渡します。

謝るしかないオ課長。

グレは自分が裏紙として使っていたものだったので自分が落としたと思うんですよね。

グレを叱るキム代理。

出ていけと怒鳴るオ課長。

機会はあげれないと言うオ課長。

さすがにタイミング悪すぎだよな~。

キム代理はグレにキツイバツを屋上で与えます。

 

隣の課で大きな契約が取れる

また悪い時にお隣の課が20億ウォンの契約が取れたって騒いでいます。

本当タイミング悪すぎ。

しかもキム・ソッコが褒められてるってありえないわ~。

キム代理じゃないけど空気よめ~って感じがします。

ここのシーンってホント辛いんですよね。

グレばかり悪者になって、ソッコが褒められるって辛すぎるよ。

何かに気づくオ課長

オ課長は問題になった起案書の下の方にキム・ソッコの名前がかすかに写っていることに気づくんです。

そして糊を借りにきた時のことを思い出すんです。

となりの課のコ課長はソッコのことをオ課長にべた褒めします。

コ課長にソッコが糊を借りに来ていたことを言います。

備品ケースの鍵をソッコに預けなかったコ課長の責任でもありそうですね。

ソッコが新婚と聞き、指摘するのをやめてしまうオ課長。

失敗しないように見守ってやれとコ課長に言います。

まだパートナーが見つからないグレ

足を引きずったまま席に戻ってきたグレ。

そこにグレと同じインターンのハン・ソンニョル(ピョン・ヨハン)が初めて登場しますね~。

グレに会いに来たようです。

ソンニョルはグレのパートナーになりたいようです。

会ったこともないのにどうして?

ソンニョルは蔚山の工場に派遣しているので初めて見るんですね。

とってもチャラ男でございます・・・笑。

 

ソンニョルと屋上にいたグレが席へ戻ってきました。

グレのことが気になっているオ課長。

今のところグレが原因じゃなかったことを知っているのはオ課長だけなんです。

グレも自分が悪いと思っているんです。

グレに叱りつけるキム代理を止めるオ課長。

あ~やっとグレにも救いの手が~。

一緒に飲みに行こうと誘うオ課長。

グレにも誘います。

初めてじゃないグレが誘われるのって♪

営業第3課の飲み会

コ課長が実績を挙げて悔しいと言うオ課長がかわいい~♪

グレが整理したフォルダを合理的で効率的だと褒めるオ課長。

あれ?オ課長かなり酔っているんですかね?

今までのマニュアルより優れてるってベタ褒めですか~?

糊の話をするオ課長。

こいつは無罪だと言うオ課長。

誤解されただけだと、誰と誤解されたかはピミル(秘密)だって。

オ課長はソッコのことを責めたりしないんですよね。

帰り道、コ課長の部署ではお祝いの会をしていたようでバッタリ会っちゃうんですよ。

備品を借りに来させるようなことをするなってかなり忠告しているオ課長。

まだ気づかないようですね~。

糊くらい自由に使わせてやれ~って怒鳴り、「お前の部下に貸したせいでうちの奴が怒られた」って言うオ課長。

ソッコはどうやら自分のせいだったってことに気づいたようでグレに謝ります。

 

グレはオ課長が「うちの奴」って言ってくれたことが凄く嬉しいんですよね。

 

翌朝、グレはソンニョルのところに行き、パートナーになろうと言います。

グレはソンニョルをパートナーに選んだんですね。

 

第2話(第2局)はここで終了~。

 

感想<まとめ>

第2話でも裏紙問題が勃発するんですが、グレに疑いがかかるんですが、オ課長がグレのせいじゃないってことに気づいてからはオ課長が凄くかわいく見えてくるようになるんですよね~♪

ほぼ第1話も第2話もグレには笑顔が無い状態なんだけど、オ課長に「うちの奴」って言われた時は凄く嬉しかったと思いますよ~。

第2話最後のシーンではプレゼンのパートナーも決まりましたし、次回からはプレゼンの用意などもあるので仕事とプレゼン用意とかなり忙しくなりそうですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です